昭和の音楽史を代表する作曲家、古関裕而氏をモデルにした来春のNHKの朝ドラ『エール』の主演に窪田正孝さんが決定!!




こんにちは。

みっちで――す 😛

 

今日、2020年春のNHKの朝ドラ『エール』の主演を窪田正孝さんが務めるということが発表されました。

窪田さんが「全国の皆さん、福島の皆さんにエールを届けられたら」と言っているのは、古関裕而(こせきゆうじ)さんが福島県出身だからです。

全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」をはじめ、数多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけています。

 

男性の主演は14年後期「マッサン」の玉山鉄二さん以来、約6年ぶりだそうです。

ヒロインはまだ決まってなくて、今後オーディションで決定します。

 

 

View this post on Instagram

 

From the magazine “Steady”. #窪田正孝 #kubotamasataka #magazine #photoshoot

Kubota Masataka 窪田正孝さん(@kubota_masataka_fan)がシェアした投稿 –

窪田正孝さん、私は好きですね。

『デス・ノート』の夜神月役は神がかっていたと思います。話題にもなりましたよね。

『THE LAST COP/ラストコップ』での唐沢寿明さんとの軽妙なやりとりも良かった♪

その後も映画やドラマで大活躍していますよね。

現在30歳ということですが、幅広い役をこなせる実力派の役者さんだと思います。

イケメンですし、ファンも多いでしょうね。

 

ネットの反応。

やっぱり人気ありますね^^

 




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)