神対応に感謝!!【続】日学・黒板アート甲子園の入賞作品がすごい!!

こんにちは。

みっちでーす^^

 

昨日、

日学・黒板アート甲子園の入賞作品がすごい!!

という記事を書きました。

その中で、

最優秀作品などを載せたいんですけど、著作権とか問題ありそうなのでやめときます(><)

と書いたんですが、その後、びっくりするようなことがありました。

日学・黒板アート甲子園公式アカウントの方が、私のツイートをいいねとリツイートして下さって、上記のような対応を!

まさに神対応じゃないですか??

日学さんに感謝!

ものすごく嬉しいです!!

 

ということで、堂々と画像を載せます笑

かといって全部載せるわけにはいかないので、優秀賞と最優秀賞の作品を。

 

まずは優秀賞を3点。

※画像はクリックすると別窓で大きくなります

作品名:腹ペコ女子高生図
腹ペコ女子高生図

高校生が午前中にお腹が減ってお昼ご飯が待ち遠しいという気持ちと、「食」へ対する考え方を表現したそうです。

女子高生が黒板から飛び出してきそうな立体感がありますよね。

右側の文字はものすごく丁寧に書かれていますが、左側の時間割のところは食べ物を使ったりしていて「遊び心」があって可愛い感じがします。

お弁当も美味しそう^^

 

作品名:冒険 ~切り拓く者~
冒険 ~切り拓く者~

この作品は、高校生が卒業を「冒険」と捉えて、自ら未来を切り開くという意味が込められているそうです。

化石の発掘現場らしきところで、手を恐竜に見立てて、それをさらに手で描いているという二重、三重の構造になっています。

この斬新なアイデアがまず素晴らしいと思います。

そして、砂時計やコンパスが未来への冒険を暗示しています。

複雑な構造を緻密に描いていますよね。

 

作品名:かえるの合唱
かえるの合唱

この作品は日常と非日常をひとつの世界観の中で描いたそうです。

机の中にカエルの世界があるっていう発想が楽しいです。

そして、そのカエルさんたちが合唱してるんですよね。

湿気が多いのか、キノコも生えててね。

ファンタジックでとても愛らしい作品だと思います。

 

 

さあ、最後に最優秀賞の作品を!

作品名:極彩色を纏い
極彩色を纏い

すごくないですか!?

この見事な色彩!

個人的には現代アートと言ってもいいレベルの完成度だと思います。

カメレオンが黒板消しで拭いている右側のペンキのような部分は、水で溶いたチョークを投げつけたそうですよ。

そして、そのカラフルなペンキのような部分に近いというか重なる部分のカメレオンの色は同じようにカラフルなんです。遠くなると明度が下がっています。

これは、カメレオンの擬態という性質を見事に表現していると思いますね。

4人の女子高生が描いたそうですが、素晴らしいチームワークですし、最高の思い出になるんじゃないでしょうか??

私も絵を描くのが好きだったから羨ましいです。

拍手!!

 

そして、賞を獲れなかったけど、参加したみんなにも拍手!!

 

ツイートしてる参加者もいます。

 

ほかにもいろんな賞があるので、興味がある方は公式サイトをご覧ください。

>>http://kokubanart.nichigaku.co.jp/2018/major/

 

日学さん、ありがとうございました!!

「いい記事」になったかどうかは分かりませんけど^^;

 

こちらもどうぞ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)