祝10周年!青森にある十和田市現代美術館!姪っ子と一緒に行って楽しみたいなあ

こんにちは。

みっちで―――す 😛

 

2008年、「世界の美術の主流を作る」という大きなスローガンを掲げて、青森県十和田市が推進するアートによるまちづくりプロジェクト、Arts Towadaの拠点施設としてOPENした十和田市現代美術館。

 

館長の小池一子さんはこう語ります。

「当初は、アートで人を集められるのかという意見もありましたが、今では経済効果も生まれたり、アート広場では近くの幼稚園児が遊んだりしていて地域に馴染んできました。また、若いクリエイターが移住して来たり、個性的なカフェが開店したりと街にも変化が生まれています。」

 

現在、十和田市現代美術館開館10周年記念展として、『スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ』展が開催されています。

現在開催中の『スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ』展の公式カタログの販売が決まりました! 発行日は7月中旬、価格は税込1,620円を予定しています。本展覧会の作品がすべて収録されており、テキストから作家略歴を含めすべて日英バイリンガルとなっています。 また、#南條史生[本展キュレーター/十和田市現代美術館 アドバイザー]と #金澤韻 [本展キュレーター/十和田市現代美術館 学芸統括]のテキストも掲載されています。どうぞお楽しみに! 十和田市現代美術館では、カフェ&ショップ cubeにて予約受付中です。 販売についてのお問い合わせはcube TEL:0176-22-7789 まで、図録の内容についてのお問い合わせは美術館 TEL:0176-20-1127までご連絡ください。 #十和田市現代美術館開館10周年記念展 #十和田市現代美術館 #towadaartcenter #passages #パサージュ #スゥドーホー #DoHoSuh ※『スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ』展詳細→ http://towadaartcenter.com/exhibitions/passages

十和田市現代美術館(公式)さん(@towadaartcenter)がシェアした投稿 –

十和田市現代美術館の10周年を記念して開催
アジアを代表する世界的美術家
スゥ・ドーホーの個展

本展「Passage/s」で、韓国出身の作家スゥ・ドーホーは、その半透明の布を使ったシリーズの最新作を展示します。また彼のロンドン、ニューヨーク、ソウルを移動する中で得られた視点を表現した映像作品も展示します。これらの作品は、いくつかの場所とその文化を経験するときに見えてくるものを通して、人間性やアイデンティティとは何かという、根本的な問いを投げかけるものです。

スゥはこれまで、家、物理的な空間、移動、そして記憶といったテーマについて考え、ドローイング、映像、彫刻などさまざまな素材に取り組んできました。スゥには、個人と集団の関係性を探るという、もう一つのテーマがあります。そのテーマに沿った作品の一つ、《コーズ・アンド・エフェクト》(2008)が十和田市現代美術館の常設展示となっています。
十和田市現代美術館公式サイトより

この、『スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ』展も面白そうなんですが、常設されている現代アートもすごく興味深いんです。

十和田市現代美術館① . 前からずっと行ってみたかった青森の現代美術館。予想してた以上に良かった! 一番好きだったのは栗林さんの「ザンプランド」という体験型作品。パッと見栗林さんっぽくないんだけど、椅子に登って穴から上を見ると、、あらびっくり!!栗林ワールドが広がっておりました(ネタバレるから写真は載せません😜)。この天井は、異世界との境界を表してるんだって。 . その後、同行のふくちゃんが以前に知り合った「すごいアートおじさん」がいるという美術館近くの商店街にある「松本商店」へ。 金物店のあちらこちらに散っているアート作品?を鑑賞した後、奥に案内されぽっかり空いた地下室に降りていくとなんと!ここにも栗林作品が!以前に美術館の企画で作ったものらしい。すごい! . おじさんアートにめっちゃ詳しい上、あのトマソンに出てくる「煙突男」飯村くんの友人らしくなんと店内に煙突の魚拓が!これにはめっちゃ感動してしまった。 ひとしきり美術館立ち上げの経緯や栗林作品設置の経緯、トマソンのあれこれについてお話を伺ってお暇して来たのでした。 . これこそ地方活性化というか、地元と美術館が交流するすごくいい成功例だなーと感心しきり。みなさんも十和田に行ったらぜひぜひ松本商店へ! . #栗林隆 #ザンプランド #十和田 #十和田市現代美術館 #青森 #美術館#アート#現代アート#夏休み #松本茶舗 #トマソン #赤瀬川原平 #summervacation #art #modernart

fmc922さん(@fmc922)がシェアした投稿 –

青森をめいっぱい巡る #青森県立美術館 #十和田市現代美術館 #十和田バラ焼き

Yoko Osakoさん(@yokoosako)がシェアした投稿 –

昔はよく通った十和田市へ #十和田市現代美術館 #奈良美智 #草間彌生 #夏休み

HANA 花村朋彦さん(@hanamura0416)がシェアした投稿 –

. . . でかーい これもアート . . #十和田市現代美術館

ト モ ミさん(@tmknb87)がシェアした投稿 –

【十和田市現代美術館】 Towada Art Center この美術館は官庁通りにあり戦前旧陸軍軍馬補充部が設置されてたことから別名(駒街道)にちなんでチェ・ジョンファの花模様の馬のモニュメントが十和田市の馬と関わりや四季折々に彩る花々の存在が十和田市の未来の繁栄を象徴してます。22名の作家による23点の作品か常設展示されていますが、その中からほんの一部をご紹介いたします。 チェ・ジョンファ「フラワー・ホース」 ロン・ミュエク「スタンディング・ウーマン」 椿 昇 「アッタ」 巨大化したコスタリカの熱帯雨林に生息する真っ赤なハキリアリ スゥ・ドーホー「コーズ・アンド・エフェクト」 赤、オレンジ、透明のグラデーションが美しいこの作品は数万体の樹脂の人型彫刻が天井から放射状に吊り下げられてまるで光を浴びたシャンデリア❗️ トマス・サラセーノ「エア・ポート・シティ」 そして美術館の道路挟んだ向かいにはまたまた私の大好きな草間弥生氏の世界があり老若男女から子供達にまで夢を与えてくれます。 そして休憩です😋☕️🥤🍮 高さ9メートルの吹き抜け空間をもつカフェにはマイケル・リン 「無題」による十和田市の伝統工芸の南部裂織から着想を得て日本の織物のさまざまな花模様で絵柄構成、床一面に描いたカフェで一休みです。 ほんとにホント❗️ほんの一部なのでとても残念なのですが、興味ある方は是非ともお越し頂きたい場所です。 あ~〜あ 行って良かった💕💕💘 #十和田市現代美術館 #フラワーホース #旧陸軍軍馬の補充部 #馬との関わりある町 #四季折々の花ある町 #草間彌生の世界 #美味しい飲み物 #美味しいスィーツ #花が好き #旅が好き #美術館好き #何よりもお花好き

Mrs.Akkiさん(@akicooga)がシェアした投稿 –

 

実際に十和田市現代美術館に行った方々、めっちゃ楽しそうじゃないですか??

大人も子供も楽しめそう!

私は好奇心旺盛な姪っ子と行ってみたい!

絶対、喜んでくれそう♪

 

十和田市現代美術館

青森県十和田市西二番町10-9

時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日

料金:大人・お得なセット券1200円(企画展+常設展)・企画展800円・常設展510円(高校生以下は無料)

 

こちらもどうぞ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)