広がる「LGBT」支援




こんにちは

みっちでーす♪

 

みなさん、

LGBT

って言葉をご存知ですか??

  • L:レズビアン(女性の同性愛者)
  • G:ゲイ(男性の同性愛者)
  • B:バイセクシャル(両性愛者)
  • T:トランスジェンダー(性同一性障害者または既存のジェンダーを超えようとする人)

いわゆる性的マイノリティーの方々です。

 

電通さんの調べによると、

日本の人口の5.2%存在する

そうです!!

 

また、その市場規模も5兆9400億円!!

 

企業としては無視できない数字ですし、また支援することで企業のイメージアップにもつながります。

 

ですから先月開催された性的マイノリティーへの偏見をなくすためのイベント「東京レインボーパレード」にはあのGAPをはじめいくつもの企業が協賛しました。

虹色

※レインボーこと虹色は同性愛者の象徴とされています

 

パレードや約70のブースが出店した会場には5万5千人の来場者があり、LGBTを支援する企業のサービスや商品を積極的に利用したいと答えた一般の方は53%にもなるそうです。

 

ベンチャー企業のレティビーでは同性同士の結婚式もおこなっていたり、アルファロメオを日本で展開するFCAジャパンは東京レインボープライドや東京国際レズビアン&ゲイ映画祭に協賛しています。

ユニリーバジャパンは自社のヘアケアブランド「クリア」のCMに、女性パートナーと結婚式を挙げた元タカラジェンヌのLGBTの活動家、東小雪さんを起用。

 

東京都渋谷区では今年の4月から結婚に相当する関係が認められる同性のカップルに「パートナーシップ証明書」を発行できる条例が施行されました。

世田谷区や兵庫県宝塚市でも同様の動きがあるそうです。

 

ですが、生命保険や不動産などに関してはまだまだ問題がありますし、何よりも「偏見や差別」ですよね。

 

カミングアウトするには相当な勇気が必要だと思います。

 

現在テレビなど様々な分野で「おネエ」って普通に活躍されてますよね。

でも、その逆は少ないです。

 

私の知り合いで、離婚して3人の子供を立派に育て上げた素敵な40代のシングルママさんがいるんですけど、10代後半の次女ちゃんのブログを偶然発見してしまいました。

彼女は性同一性障害で、日々の辛い心境をブログに綴ってたそうです。

もちろんママさんもビックリ!!

話し合ったそうですけど、どうしたらいいのか分からずという状態だそうです。

ものすごく悩んでました。

もちろん次女ちゃんもずーっと悩んできたんでしょう。

可哀想に。

明るくて素直ないい娘なんです。

 

LGBTへの偏見や差別がなくなれば辛い想いをする方々も減っていくでしょう。

支援する企業を含め、私たち個人もそういう世の中を目指していくべきじゃないでしょうか??




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)