モデルや女優から指名が絶えないヘア&メイクアップアーティスト千吉良恵子さんのコメントが深くて参考になる!

こんにちは。

みっちで―す 😛

 

 

View this post on Instagram

 

#アルビオンファンデフェス #大政絢 ちゃんと #ヘアーメイクの#KUBOKI君と

千吉良恵子 Hair&Make-up Artistさん(@chigirakeiko)がシェアした投稿 –

黒い帽子をかぶっているかたが千吉良恵子(ちぎらけいこ)さんです。

ファッション誌によく出ているので知ってる女性は多いでしょうね。

 

千吉良恵子さんのメイクの特徴は、

その人の魅力を引き出すことはもちろん、気持ちまでポジティブにさせて、ハッピーオーラを宿す

と言われています。

 

そんな千吉良恵子さんが、「女性のキレイの引き出し方」についてコメントしているので紹介します。

似合うメイクは色だけではなく質感選びも大切

自分に似合う「色」はみんなよく考えるけど、実は「質感」にもそれがあります。同じ色でもマットとツヤでは全く違う印象に。自分にマッチする色×質感のベストなアイテムを見つけてください。

メイクとファッション、ヘアは三位一体

どれが欠けても、また過剰になってもアンバランスな印象になります。それぞれが同じテンションでキレイを引き出せているか、大きな鏡の前で全体のバランスをチェックしてみてください。

メイクじゃなくて、あなたそのものが褒められたらメイク成功!

「そのリップ素敵」ではなく、「今日キレイだね」と言われたらメイクが最大限馴染んでいる証拠。相乗効果で肌や他のパーツまでキレイに見えるので、自分の素材を引き上げるためのメイクを意識するとキレイを引き出せます。

ベースメイクがその人の透明感を引き出す

下地やファンデーション、練りチークなどのベースアイテムで肌トーンを整えて血色を仕込めば、肌そのものが発光しているかのような輝きになります。すべての人に当てはまるキレイの引き出しですね。

「今年らしい顔」は新作のファンデーションで決まる

シーズンごとに買い替えるべきアイテムはカラーコスメよりも実はファンデーション。新作ファンデーションを塗るだけで瞬時に今ドキ顔に変身します。マンネリメイクに悩んでる人はまずファンデーションを変えてみて下さい。

メイクに悩んだらその部分に先にコスメをのせる

どの色にしようか、どんな塗り方をしようかと迷ったら、その悩んだパーツからメイクをしてみてください。それに合わせて他も仕上げれば、いつもとは違う新鮮な表情を発見できるはずです。

冒険の幅は狭くていい。ミクロとマクロの視点を持って

アイラインの長さ数ミリでも印象は変わります。例えば手持ちのコスメなら入れ方を少し変えるだけ、新しいコスメならいつものテクニックで十分です。それだけで違った雰囲気になれますよ。

 

千吉良恵子さんが施したメイクがこちら。

透明感があるナチュラルメイクですよね。

 

千吉良恵子さんなら、私なんかでもキレイにしてくれるんでしょうか??

女ってメイクやお肌ケア、ムダ毛処理、生理・・・などなど、面倒だなあ

たまーに、キレイな肌の男子を見かけたら「いいなあ」って思いますもんね。

 

>>千吉良恵子さんのインスタはこちら

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)