おうちゃんを救う会への寄付金が海外移植手術に必要な資金に目処がつきました!前澤友作社長の力も大きいでしょう!

こんにちは。

みっちで―――す 🙂

 

ZOZOTOWNの前澤友作社長のツイートがまたまた話題に!!「3歳のおうちゃんを救いたい。僕の個人的な寄付に加え、みなさんのRT1件につき10円を付け加え寄付します。」

上の記事で、「拡張型心筋症」と懸命に闘う、3歳のおうちゃんこと上原旺典(うえはらおうすけ)くんが海外で移植手術をするためには多額の費用が必要で、そのことを知ったZOZOTOWNの前澤友作社長が、

このようなツイートをして話題になっていることを書きました。

 

すると、

海外移植手術のために必要な資金に目処がつきそうです。皆様には心より感謝申し上げます。 

すごい!!

 

おうちゃんのご両親の言葉。

両親より皆さまへ

おうちゃんを救う会にご支援頂きまして、本当にありがとうございます。

昨年9月末の厚生労働省での記者会見のスタートから約4カ月弱、毎週末の募金活動、募金箱の設置、

その他にも皆さまにはたくさんのお力を貸していただきました。
ありがとうございます。

そして、メディアの力、SNSの力で全国の皆様に知って頂きまして、こんなにも早く目標額の目処がついたことに、

私たちも驚きとともに大変感謝しております。

これから渡航に向けて準備して参ります。
それまでおうすけが万全の態勢で行けるよう、体調を崩すことなく、過ごしていけたらと思っております。
今後とも、あたたかく見守って頂けますと幸いです。

この度は本当にありがとうございました。

上原 良太

上原 歩

https://www.genki-o-chan.com/parents-blog-entry.php?eid=27317より

 

前澤さんも、

と投稿。

「514,177名の皆さま、リツイートでの情報拡散の協力ありがとうございました。」

ってお礼をなさるって立派だなあと思いました。

などなど多くの方が喜んでいます。

 

  • とりあえず海外の誰かが救われない可能性が上がったと言う事。 おうちゃんが助かり海外の誰かも助かれば最高だが。 今後、臓器移植に関して誰か1人に肩入れせずに日本で手術できるくらいドナー登録意思表示の数が増えるような投稿を。
  • コメント見てたらわかるけど、まだまだ信者がおるから「おれは悪くない、悪いことしてない」って言い聞かせてんだろね。

もちろん批判的な意見も一部あります。

そのことは数日前の記事でも書きました。

医療界の闇ですね。

 

日本でももっと簡単に臓器移植できるようにしなければならないですし、私たちもドナー登録したり、おうちゃんのような難病を抱えた方々の現状を知ることも大切です。

寄付を募るだけでなく、 医療制度や環境を改善していける活動が国内で活性化し、国家がそれに応えなければなりません。

ただし、それは前澤さんの仕事ではありません。

今回、前澤さんはおうちゃんのことを知って、すぐに行動に移しただけです。

発信力が強い方ですから拡散され、結果的に必要な資金が集まりました。

同じように私たちも今、自分にできることを行動に移せばいい。

意識をちょっと変えるだけで行動も変わってくると思います。

他人や環境に文句ばっかり言ってても何も変わらないんじゃないでしょうか?

 

おうちゃんにはまだまだ試練がありますが、すべてクリアして元気になって欲しいというのが素直な感想です。

 

こちらもどうぞ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)