【音声】聞いてて気分悪くなったよ!常盤平第一小学校のイジメに対する教師の態度がひどすぎる!これじゃ子供が可哀想だ!!




こんにちは。

みっちです。

 

私はこのニュースは今日知りました。

トラブル仲裁で不登校 千葉の小学校 教員が不適切発言

千葉県松戸市教育委員会は15日、平成28年5月に同市立小学校の4年生だった男子児童が同級生とトラブルになり、同年6月から不登校になっていると明らかにした。市教委によると児童の両親は、トラブルの際に当時の担任と教頭が不適切な発言をしたとして、2人の処分を求めている。

市教委によると、28年5月24日の授業終了後、児童が同級生の腕をたたき、腹をたたき返されるトラブルが発生。この際、担任の30代の女性教諭が同級生に「やり返していいんです」と話し、駆けつけた教頭も児童に「この学校から出ていけ」と発言したという。

児童の両親が学校に抗議し、学校側は謝罪したが、児童は数日後にも他の児童とトラブルとなり、その後同年6月から全く登校していない。

児童が同年5月のやりとりを録音したとみられる音声を今年2月に動画投稿サイトに投稿するまで市教委はこうした事実を知らなかった。

不登校となって以降、学校側は児童との接触を試みているが、保護者から訪問を断られ、所在確認に至っていない。市教委は「投稿された音声は前後の文脈など内容が一部編集されている可能性があるが、担任と教頭の発言内容は事実。言ってはいけないことを言ってしまい申し訳ない」と話している。

参照:Yahoo!ニュース

 

今月YouTubeにUPされた問題の動画がこちら。

※見たら絶対にいい気持ちはしませんので自己責任でお願い致します

 

すごく気分悪い。。。

なんなんだ、この馬鹿な教師と教頭。

暴言!?恫喝!?差別!?

男の子が言ってることの方が筋が通ってるじゃん!!

 

この教師と教頭はもう特定されています。

阿具根美絵子(あぐねみえこ)教師と小林武彦(こばやしたけひこ)教頭です。

※リオ君のこともネット上では情報が出回ってますが子供ですし、デマもあるらしいので私は書きません

 

この出来事は2016年5月24日に起こりました。

その後イジメられた男の子は不登校になり現在も学校に通っていません。

阿具根美絵子は今も常盤平第一小学校の1年生のクラスの担任をしており、小林武彦は柏市立田中北小学校で勤務しています。

※差別的な発言があるのは、イジメられてる男の子が中国と日本のハーフだからだと考えられます

阿具根美絵子と小林武彦は何も罰を受けておらず、男の子の母親が2人の懲戒解雇を求める署名活動をおこなっています。

イジメっ子に指示してイジメ被害者を殴らせ、 イジメに抵抗するなら、この学校から出て行け!と叫んだ先生 責任を取って教壇を降りてください! 被害者は自殺の寸前まで追い詰められました。

映像は2016年5月24日放課後、下記事件の録音です。

2016年、小学校4年生だった息子は登校できなくなりました。
ハーフであり日本が大好きだった子供は、千葉県松戸市常盤平第一小学校で生涯消えることのない大きな傷を抱えました。「死にたい」と繰り返しつぶやくほどまで追い詰められた息子の小さな心は、今でも血を流し続けています。

息子はこの学校で酷い暴言暴力を受けていました。何人かの生徒から毎日のように突然後ろから殴られ、私物を取り上げて投げ捨てられました。またハーフだったことをいじめのネタにされ、ドアを閉めて教室へ入らせなかったり、「××人め!死ね!」と人種差別の暴言を浴びせかけられたり、「おまえにはしゃべる権利はない」と罵倒されるなど、それは酷い状況でした。担任は日々攻撃されている息子をまったく守ってくれないどころか、頬を捻り上げて罵声を浴びせる、背中を強く突き上げるなど、事あるごとに彼だけを標的とした暴力を行いました。さらに周りの教師や子供を扇動していじめをエスカレートさせ、下記の事件に至りました。

(録音のやり取りはこの時のものです)
2016年5月24日放課後、いじめっ子がまた息子を殴り、息子がやり返したところ、いじめっ子は狂ったように叫んで机をひっくり返しました。担任はそれを見て、あろうことか息子の体を押さえつけ、いじめっ子に命令して彼のみぞおちを強く殴らせたのです。そして痛くてしゃがみ込んだ息子を上から力尽くで地面に押さえつけ、罵詈雑言を浴びせかけました。「やられたらやり返さないのが常一小のルールだろ!」などと大声で叫び、いじめっ子は「次は本気でやってあげるよ。」と言って、そばで満足そうに笑っていました。

また、教頭も担任と同様にいじめっ子を放置し、指導と称しながら息子だけを徹底的に非難していました。やり返すのは犯罪だ、やり返すのは暴力だから認められない、この学校から出ていけ! 日本は法律の国だ、おまえは警察につかまるぞ、なぜおまえは喧嘩が多いのか、皆から嫌われているぞ、などと毎回脅しをかけて、事の発端であるいじめっ子の暴力は追及せず、 被害者ばかりを執拗に責めました。この加担行為がいじめっ子にいじめる動機をますます与えると共に、元々傷ついて弱りきっていた息子の心にトドメを差しました。

あんなに希望にあふれ元気だった息子から日に日に笑顔が消えていき、無言で涙を流したり床に臥せる日が多くなり、私は毎日心配で生きた心地がしませんでした。そしてもしや学校で何かあるのではと持たせたこの録音を通して学校の真相を知った私は、あまりのショックで心が張り裂けそうになりました。先生の言葉を信じていた自分を激しく後悔し、子供の人格をつぶすためにあらゆる手段を使った教師の陰湿さに抑えきれない怒りが湧きあがりました。

「ママは日本人なのに、僕は日本人じゃないんだ。どんなに殴られても罵られても、黙ってなきゃいけないんだ。僕、何のために生きてるんだろう。もう死にたい。」
不登校になってから息子が私につぶやいた言葉です。

千葉県 松戸市 常盤平第一小学校
前担任 (現在も同小学校で勤務)
前教頭 (現在は柏市立田中北小学校で勤務)
の懲戒免職を要求します。

私たちはイジメの被害者です。イジメられている子供は、学校に行けば日課のように攻撃され、いつまた来るか分からないという大きな恐怖とストレスに苛まれます。それなのにいじめ被害者を守るどころか、いじめっ子に加担して被害者にさらなる暴力をふるう、教師として絶対に許されない犯罪行為です!一人一人の子供を愛する心がないあなたたちに、子供を教育する資格はありません。責任を取って教壇を降りてください!

平成29年度の不登校児童生徒数は14万4031人で過去最多を記録しました。学校に何度もSOSを出していたにもかかわらず誰にも守ってもらえず、自殺を選択してしまう子供が後を絶ちません。

いじめは犯罪です。いじめられた子供は心身ともに深いダメージを受け、生涯に渡り後遺症に苦しみます。私たち両親はもう耐えてはいけない、声をあげなければいけない。大切な子供が自ら命を絶ってからでは遅いのです!

学校から陰湿ないじめが無くなるように、学校が安心して学び、遊べる場所になるように、日本中のお父さんお母さん、良識のある真の教員の皆様、どうぞお力を貸してください!

参照:署名活動ページ

本当に子どもが可哀想だし、2人の教員にはそもそも教師としての資質がないんじゃないでしょうか。

感情を抑え切れてないし、言ってることの整合性もない。

いじめを助長してるし。

こんなんじゃ感情豊かな子供たちをまともに教育できるわけないじゃん!

ってかあんたたちの方が幼稚なんじゃない?

謝罪くらいじゃ済まないよ。

そして、教育委員会も相変わらずクソだね。。。

 

こちらもどうぞ




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)