【動画あり】鈴鹿警察署が「虐待と判断は出来ない」だと!?どうみても虐待じゃん!動画を観るだけでも胸が痛むし腹が立つのに!!




こんにちは。

みっちです。

 

猫好きとしてはこのニュースの映像を観るだけでも胸が痛みます。

 

防犯カメラに“虐待”の様子 猫をけり上げ 引きずり…

SNSに投稿された、ある動画。

男がとった行動に波紋が広がっている。

懐中電灯で猫を照らす男。

突然、猫をけり上げようとする。

これは、3月8日の夜、三重・鈴鹿市で、建物内の防犯カメラがとらえた映像。

さらに16日には、袋から餌を取り出し、猫たちをおびき寄せる様子が。

男は、近づいてきた1匹の首に、ひものようなものを巻きつけ、暴れる猫を連れ去っていった。

猫の世話をしている女性は、「あの映像を見た日から吐き気が止まらずに、ご飯もまったくのどを通らないので。夜、目をつぶれば、あの子の悲鳴が聞こえるような気がして眠れない。とにかく早く帰ってきてほしい」と訴えた。

十数年前から、捨てられた猫たちの世話をしている女性。

建物の所有者の了承を得て、敷地内で38匹の猫の世話を続けていた。

連れ去られたのは、「はと」と名づけられた、生後半年ほどのオス猫。

その安否は、まだわかっていない。

異変の始まりは、2018年の10月ごろ。

発泡スチロールで作った猫用の小屋などが、何者かに破壊されたという。

猫の世話をしている女性は、「上から重たいレンガとか石を投げつけて、もうボロボロ。ひどい状態でした」と話した。

この出来事をきっかけに、防犯カメラを設置。

そして、3月8日の午後10時半すぎに映ったのが、猫をけり上げようとする映像だった。

その8日後の16日、午後3時ごろに撮影された映像。

男は青っぽい色の服を着て現れ、袋から餌を出して猫をおびき寄せた。

すると、男は餌の袋からひもを取り出し、夢中で餌を食べる猫の首に巻きつけた。

猫の世話をしている女性は、「同じことをしてやりたい。自分がこういうことをされたときの苦しみって、考えられる人は考えられるのに、それができない。人間じゃないなと思います」と話した。

女性は、動物愛護に取り組む鈴鹿市内のNPO(民間非営利団体)を通じ、17日、警察に相談。

警察は、動物愛護法違反の疑いもあるとみて捜査している。

参照:https://www.fnn.jp/posts/00414501CX

全国的にニュースでも取り上げられたので、ご存知の方も多いでしょう。

テレビでは男の顔にモザイクをかけてましたがSNSではモザイク無しで拡散されました。

 

猫に対してこんなことする奴は絶対に許せませんし、腹が立ちます!!

できることなら同じ目に遭わせてやりたい!

 

でも、報道されたことによって「すぐに捕まるだろう」と思ってました。

ところが、

はあ!?どう見ても虐待だろっ!!!!!

鈴鹿警察署にはアホしかいないのか!?

 

これに対してみんなの反応も

怒っています。

当然だ!

猫の命を軽視してないか!?

拡散されて、鈴鹿警察はしっかり働け!!

 

【追記】

4月1日に三重・桑名市の無職・鮫島勝利容疑者(54)が窃盗の疑いで逮捕されました!

「猫を飼いたかったが金がなかった」と容疑を認めたうえで、「盗んだ猫はなつかず、桑名市内の川の土手に捨てた」と供述しているそうですが、虐待も認めさせろ!そして厳罰へ!

 




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)