「p-Tie」でクールビズにも遊び心を♪




こんにちは

みっちでーす♪

 

クールビズ

この言葉が言われ始めてもうどれくらいですかねえ??

今では浸透しましたね。

で、そのクールビズの浸透に危機感を持ったのが、、、

東京都八王子市。

 

なぜかというと、江戸時代から生糸を織って着物を生産するなど、「織物」の産地なんですよね。

ですから、「ノーネクタイ」となると、当然ネクタイの売り上げも落ちるわけで…

 

そこで、八王子の商工会議所が考えたのが「p-Tie(ピータイ)」。

ネクタイ型のブローチなんですよね。

p-Tie

 

八王子商工会議所、p-Tie紹介ページ。

http://www.hachioji.or.jp/Members/seni/

www_hachioji_or_jp

八王子の繊維関連業界は、江戸時代から城下町、宿場町の発展と共に充実してまいりました。

織物、ニット、糸、プリントなど繊維製品を作るには多くの工程と確かな技術が必要であり、八王子では立地条件もよく全国的にも類を見ない多くの関係産業が集まり、それぞれの技術を結集させ「織物の八王子」とうたわれ、その伝統を築き上げて参りました。

しかし、繊維業界の厳しい現状の中で八王子繊維関係者が発展を考えるとき、業界の技術をPRする新たな周知方法を見いだし、一般消費者にも目を向けていただくことが最も重要な課題と考えます。

そこで、『地産・地消・地活』を目的に、新たな商品化をすすめてゆく足掛かりとして、八王子織物のネクタイ生地を使用したミニサイズピン製品『p-Tie(ピータイ)』を作成いたしました。

胸元に着けていただける商品です。購入希望の方は、八王子織物工業組合『ベネック』連絡先042-626-0891で6月中旬以降、金額は1,890円にて販売予定。これからのクールビズにも最適です。

今後も八王子繊維業界の高い技術力のPRと、業界の活性化に努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

 

との事。

 

昨年の夏に発売されたんですけど、じわじわと人気が出てきて、市内の直営店や道の駅などで販売されてるんですけど、デパートなどから問い合わせが多いそうです。

ですけど、完全手作業なので、月に600個ほどしか生産できなくて品薄状態だそうです。

 

楽天やamazonでも探してみましたけどありませんでした。。。

 

まさにレアな逸品♪

 

手に入ったらプレゼントにも最適ですね。

お値段もお手頃ですし^^




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)