「写龍」が人気!!龍のパワーとつながることで’’運の流れ’’に乗って運気を上げられる!?




龍

こんにちは。

みっちで―――す 😛

 

写龍(しゃりゅう)ってご存知ですか??

お坊さんが修行のひとつとして、お経を写して書くのを写経(しゃきょう)と言いますよね。

それと同じように龍を描くんです。

 

日本各地の神社仏閣に龍の天井画を描き続けてきた絵師の斎灯サトルさんが提案しています。

斎灯サトルさんは個人としての天井画の制作枚数は日本一です。

 

View this post on Instagram

 

いつもありがとうございます。 m(_ _)m 岐阜・福井・富山・新潟の 「1dayセミナー、講演会、個人セッション」ツアーが昨日無事終了しました。 お会いできたて皆様に心より感謝します。 毎度の方も、 新規の方も、 そして主催様も、 スタッフ様も、 ありがとうございます。 あっという間の二週間、 そして本日は、 群馬県で、 嬉しい天井画の仕上げです。 収まる所に収まると 個人の作品ではなく、 地域皆様のための 【生き物】になっていきます。 5月13日に御開帳いたします。 よろしければお越しくださいませ。 (*^人^*) 斎灯サトルでした。 ======== 5/13(日)群馬県甘楽郡■天井画奉納記念講演・正式参拝 妙義山「大国神社」斎灯サトル 青龍 天井画 奉納記念講演・正式参拝 https://www.facebook.com/events/154222431930940/ ======== ======== 【斎灯サトル活動日程】(公式HP) http://satoruchi.moo.jp/10event.html

斎灯サトルさん(@satoru_chi)がシェアした投稿 –

ものすごい迫力ですよね!

ダイナミックで美しい。

 

 

View this post on Instagram

 

【かんのんさま】 三重・京都・大阪の関西行脚を無事終えて、 昨日は、 京都鞍馬の「専称寺(せんしょうじ)」に 「フスマ絵」の打ち合わせで伺いました。 ・ ・ 本堂にあがり、目に飛び込んだのは「かんのんさま」の絵でした。 ・ ・ なんとも 迷いのない純粋で愛のあるパワーのある絵です。 ★パブロピカソは「技術の高い絵を描くことは誰でも出来る、子供のような心で描くことを人生の目標とする」といっています。まさにアートの本質です。 ・ ・ 絵は、専称寺のお嬢さんで保育園(6歳)の作品です。 お子様からしたら、自分より大きいサイズの絵です。 ご住職の許可をいただき、観音さまと自撮り。 ・ ・ ✨(^人^)✨ みなさま観音さまのご加護がありますように! (^人^) 斎灯サトルでした。 ・ ・ ☆★☆★☆ ・ ・ ※【注意事項】 ひとつ、重要なこと言い忘れました。 ・ ・ みなさまに間違いの無いように伝えておきますが、 写真、 右側がサトルではなく、 左側がサトルです。 なんとなく似てるから、ご注意ください ・ ・ (^^) ・ ・ ========== ・ ・ ★11月に専称寺で講演会をさせていただきます。 フスマ絵の完成記念講演です。 あと五名も入らないので「我こそは」という人はお早めに! 記念品の用意もあるのでキャンセルは無いようにお願いします。 この観音さまの絵もお迎えしてくれます。 この観音さまと写真も撮れます!! ・ ・ ========== ・ ・ ●11/10(土)専称寺「フスマ絵」完成記念講演会 悟りを開いた人達の共通項から観えた『悟りの法則』 14:00~16:00(講演80分 亀山住職と対談30分) ※残席わずか(残り5名内) 【会場】 専称寺(せんしょうじ) ・ 詳しくは、「斎灯サトル」ホームページ検索。 ☆☆☆ ☆☆☆ #斎灯サトル #サトルーチ #芸術家 #講演 #パフォーマンス #ライブペイント #絵画 #アート #墨絵 #天井画 #神社 #寺 #雲龍図 #龍 #鳳凰 #仏 #神道 #天使 #みこと #みこと塾 #小林正観 #セッション #波動画 #art #dragon

斎灯サトルさん(@satoru_chi)がシェアした投稿 –

上の方が斎灯サトルさんです。

見た目は穏やかそうな感じですね^^

 

なぜ、龍なのかというと、ご本人がこうおっしゃってます。

【写龍(しゃりゅう)】

古来から親しまれている「写経」・「写仏」に、
新しい『写龍』という伝統が生まれました。

関係者皆様・いつも応援してくださる皆様に感謝します。

『龍を写し、心の流(りゅう)を映し出す』
そんなステキなメソッドです。

※詳しいことは書籍に書いていますが、
龍=流(りゅう)を観ることにより、
過去、現在、未来を感じられます。

いま上手くいっている人は、流れに乗りっている。

もし今、何かの問題と向き合っているのなら、
問題を克服していく流れに乗ることのようです。

私は「一縁十年」という言葉を大切にしています。
どんなに短くても、10年はご縁が続くということです。

相手との関わりで、争い討論に勝つことよりも、
10年後、仲良くなっている事を想像して関わります。

その場しか見ないと「短絡的」になり、良い結果を生みません。

大いなる流れを感じると、視野が広くなります。

広い視野の分、心も広く優しくなれます。
広い視野の分、チャンスも目に付きます。
広い視野の分、感謝が湧いてきます。

人類が感じ続けた「龍」の姿をなぞりながら、
自分の中の「龍」と向き合ってみてください。
良き流れに乗ってくださいませ。

(^人^)斎灯サトルでした。

斎灯サトルさんのFaceBookより

 

つまり、

龍を描くことで、その力が身体に満ちて、運気の流れも良くなる

ということです。

 

初心者でも「写龍」を出来るように本も出版なさっています。

 

実際に検索してみると、

けっこう多くの方がやってるんですよね。

みなさん楽しそう^^

私もやってみようかな??

 

最後に、斎灯サトルさんからの初心者に向けてのポイントを。

  • 上手い、下手は気にしない。細かい部分は省いてもOK。
  • 子供のような気持で、気持ち良く筆を走らせる。
  • 画材は好きなもので、自分のペースで進めよう。
  • すべて完成したら、必ず自分の絵を褒める。

 

こちらもどうぞ




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)