TOKIOの会見になぜジャ二―さん、または事務所の人がいないの??

こんにちは。

みっちでーす。

 

昨日、山口達也さんを除いたTOKIO4人の会見がありましたね。

「謝罪会見」ということですが、あの4人が謝罪する必要はないと思います。

むしろ被害者じゃないですか??

 

で、今日言いたいのは、当然のように、

ジャニー喜多川社長が同席してない

ということ。

昨日の私のツイートです。

だってね、TOKIOはジャニーズ事務所の社員であって、山口達也さんの同僚なわけです。

普通なら事務所の代表である社長や幹部が謝罪会見をするべきです。

今まで一般の企業ではそうなってますよね。

ジャニー喜多川社長さん、せめて、というか最低でも同席しましょうよ!!

 

ジャニー喜多川社長は、

「山口が起こしました事件の事実並びにことの重大さには変わりございません」

「私自身はすべての所属タレントの『親』としての責任を負いながら今後も彼らが『ひと』として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます」

と関係各位にFAXを送っただけですよ。

こんな対応って普通の企業なら許されないんじゃないですか?

 

当然、私と同じように感じてる方々もいます。

 

う―――――ん、芸能人は一般の雇用関係じゃないとでもいうのでしょうか??

 

こちらもどうぞ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)