【動画】名脇役として知られる斎藤洋介さんが、なんと昨年末にオレオレ詐欺被害に遭っていた!?最近のオレオレ詐欺の手口も紹介!




こんにちは。

みっちで――す。

 

俳優の斎藤洋介さんがオレオレ詐欺に遭っていたことを週刊女性さんが報じました。

 

 

 昨年末のある日の夕方のこと。斎藤の妻のケータイに1本の電話がかかってきた。相手は“斎藤の次男”を名乗る男。まさに「オレだけど」と話しだしたという。電話を受けた際、妻は非通知だったことを不審に思い、電話口の男を問いただした。

「あなたのケータイからじゃないよね。どうしたの?」

それに対し男は「ケータイは落としてなくした」と話した。そこでいったん電話を切った。その後すぐ《新宿遺失物預かりのハシモト》と名乗る男から電話があり、公的機関の職員を思わせる役職のその男と話すことでケータイを紛失した問題は解決。すると改めて“オレ”から連絡が入る。斎藤は当時を次のように語る。

「“未成年の女性を妊娠させてしまって、慰謝料を支払わなければならない”と。僕も電話を代わって話を聞いたんですが、電話の主が息子だと信じてしまったんですね」

まず、息子から非通知の電話という不審を第三者の登場で取り除き、その後、再び連絡をして金をせびるという、順を追った手の込んだ手口。

最初に貸してくれと言われた金額は500万円だった。

「そんなお金、今すぐ用意できるわけないだろう」

そう斎藤が言うと、男は徐々に金額を下げていき、最終的に100万円に。「お金は代理で弁護士が受け取りに行く」と言われ、電話は切れた。

その日、妻と2人で銀行に行き、100万円を引き出すと、妻がそのお金を持って、犯人が指定した場所に赴いた。

お金を引き出すにあたって、

「まとまったお金は銀行の窓口だと、銀行員に使い道を聞かれて下ろせない」

と、男はATMで引き出すように示唆したが、妻は、「その金額ならATMで大丈夫よ」と、相手を安心させるように言ったという。

受け渡し場所として、犯人が最初に指定したのは、都内私鉄の某駅。妻が駅に着くと、男から連絡が入り、そこから移動するように指示され、向かった場所は公園だった。

現れた“代理人”は、「○○法律事務所の××」と名乗り、スーツにコート姿。代理人は妻と会っている間、息子を装った電話の男とずっとケータイで通話中。妻が名刺を要求すると、通話中のケータイを渡してきた。息子を名乗る電話口の男は、

「お願いだから信じてよ。時間がないんだから早く渡して」

と、急かしてきたため、お金を渡してしまった。2日後、本物の次男から電話があり、詐欺に気づいたが、後の祭り。

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/16108192/

オレオレ詐欺を含む特殊詐欺の昨年1年間での全国被害額は356億円。

「私は騙されない」と思っているほど、騙されやすいそうです。

一向に無くならないですね。

 

用心のために最近のオレオレ詐欺の手口を紹介します。

「鞄を忘れてしまった」

親族などを装い、病院や駅、喫茶店のトイレなどに会社で必要なもの(小切手など)が入った鞄を置き忘れた(または盗まれて)困っているなどと言い、現金をだまし取る手口。

「会社の金を横領してしまった」

親族などを装い、「会社のお金を使って株(または投資)に失敗してしまった。今日、監査が入る。穴埋めのお金を貸してくれないか」などと言い、現金をだまし取る手口。

「女性を妊娠させてしまい示談金が必要」

親族などを装い、「不倫相手の女性を妊娠させてしまい、慰謝料や弁護士料を払わなければならない」などと言い、現金をだまし取る手口。

「他人を怪我させてしまい示談金が必要」

親族などを装い、「交通事故を起こしてしまい示談金が必要」「相手に怪我をさせてしまい治療費や示談金が必要」などと言い、現金をだまし取る手口。

「会社の大事な書類(または荷物など)を違うところへ送ってしまった」

親族などを装い、「会社で使う大事な書類(または荷物や郵便物など)を間違った場所へ送ってしまい、その対応に至急お金が必要になった」などと言い、現金やカードをだまし取る手口。

「あなた名義のカードが犯罪に使われています」

警察官または大手百貨店、量販店関係者を装い、「あなた名義のカードで買い物をしている人物がいます。カードはお持ちですか?偽造されている可能性があるので、カードと暗証番号を変更しましょう」などと言い、キャッシュカードやクレジットカードをだまし取る手口。

 

詐欺師は巧妙です。

「自分は大丈夫」などと思わずに注意しましょう!

 

こちらもどうぞ




コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)